資料の紹介

 バックエンドでの運用から新製品やサービス、顧客体験の提供に至るまで、ありとあらゆる業務にITが活用されている今日、ITインフラの可用性向上は、企業にとってかつてなく重要な課題になっている。ごくわずかなダウンタイムでも、ビジネスに多大な影響を及ぼすようになり、今後もこの傾向はますます顕著になるとみられる。

 ベンダー各社はこれまでも、ITインフラの要であるストレージの可用性を高めるための製品やサービスを投入し続けてきた。しかし、高可用性を謳うストレージを導入するには、極めて冗長度の高いハードウエアモデルをベースとした高額なオンサイトサービスを契約する必要があり、多くの企業にはハードルが高かった。

 本資料では、追加契約による特別料金を支払うことなく、インストールベース全体での実測値で99.9999パーセント超の可用性を実現できるストレージシステムを紹介する。フラッシュ技術を組み込んだ堅牢な設計と、自動的に問題発生を回避する予測分析を組み合わせることで、業界最高レベルの実測可用性を達成したという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。