資料の紹介

 交通費や交際費をはじめとする経費の精算は、一般従業員にとっても、経理担当者にとっても面倒な業務だ。経費精算は直接利益に結びつかない間接業務であることもあり、システム化から取り残され、いまだに紙ベースで処理している企業も少なくない。

 逆にいえば、ITでシステム化すれば、間違いなく効率化できる業務の代表格が「経費精算」である。特に昨今は、「働き方改革」の後押しもあり、そのシステム化に着手する企業も増えてきた。しかし、いざ始めてみると、上長や経営層の理解が不十分だったり、運用を変えることに社内から反発が広がったりして、プロジェクトが頓挫してしまうケースも見受けられる。

 本資料は、経費精算システムを導入した企業が、こうした困難をいかに克服して導入を成功に導いたかを整理している。それによると、導入に成功した企業には、5つの共通した取り組みがあるという。経費精算業務の効率化を検討している企業、現在、取り組んでいる企業は、プロジェクトを失敗させないためにも、ぜひ目を通したい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。