資料の紹介

 IT部門にとってのクラウドのメリットは、ハードウェア調達やシステムの保守・運用から解放されることだ。それにより、浮いたリソースを新規ビジネスなどの、新分野に割り振れる。ところが現実には、すべてのシステムがクラウド化するわけではない。依然としてオンプレミスも残り、クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境が増えている。さらに、異なるクラウドを組み合わせるマルチクラウド化も進んでいる。

 その結果、起きているのが、システム運用の高度化・複雑化だ。IT部門はオンプレミスの面倒を見ながら、複数のクラウドも管理しなければならない。クラウドの登場により、IT部門は楽になるどころか、以前より厳しい状況に追い込まれているのだ。さらにそこに、深刻な人手不足が追い打ちをかける。

 この問題を解決するには、徹底した「省人化」「自動化」を取り入れるしかない。本資料は、そのための処方箋だ。ハイブリッド/マルチクラウド環境に対応した運用・監視ツールやRPAツールを駆使し、業務の省力化・自動化を進め、人的リソースを確保する実践的な方法を提案している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。