資料の紹介

 働き方改革やデジタル革新の取り組みを背景に企業の内外コラボレーションの重要性が高まっている。しかし、その基盤となるファイル共有システムは旧態依然としており、ユーザーが不満に感じていることが多い。アンケートによると「情報共有がうまくいっていない」と感じるユーザーは70%超に達しており、大きな課題となってきている。

 重要なファイルの場所が明らかでなかったり、社内利用か、社外スタッフも含めた共有なのか用途がわからなかったり、セキュリティやコンプライアンスが甘くなったりと、問題点は多種多様だ。これらを解決するにはファイル共有がうまくいかない理由を理解したうえで、プロジェクトごとに自由な裁量でありながら、安全で効率のよいファイルマネジメントができることが理想的だ。

 本資料では、ファイル共有に関するアンケートを実施。結果から見えた課題を代表的な利用シーンから3つに整理し、それぞれの解決策を探っていく。併せて、ファイル共有の要件をクリアする製品、サービスについても紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。