資料の紹介

 産業分野ではデジタルトランスフォーメーションへの注目が集まるなか、工場にあるセンサーやデバイス、制御システムから情報を収集し、運用や保守に役立てる産業用IoTのニーズが高まっている。

 一方で、サイバー攻撃を受けた際、製造業をはじめとする産業界での被害はより甚大なものとなる。90年代から製造現場に実装された監視・制御関連の運用技術は、クローズド環境を想定したものだけに多くが専用システムを採用している。近年、こうした環境からのデータを収集し、最新の分析技術であるエッジコンピューティングなどと統合する動きが生まれつつあるが、そもそもセキュリティに対する捉え方が異なるため、外部からの攻撃に対して“穴”があるのも事実だ。

 本資料は、産業用IoTに対するセキュリティの理解を深めるためのホワイトペーパーである。デジタルトランスフォーメーションに不可欠な産業用IoTがはらむセキュリティ課題に加え、ITと製造現場での運用技術の統合に必要なサイバーセキュリティのフレームワークについて説明する。そのうえで、これまで軽視されがちだったIoTセキュリティを組織のあらゆるレベルで組み込むことを推奨している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。