資料の紹介

 契約業務を紙ベースで進めている企業は未だに多い。こうした企業では、契約書や合意書、発注書などの印刷や郵送、受領、捺印、返送といった事務処理に手間がかかり、営業担当者が本来注力すべき顧客訪問などの時間がそれだけ削られている。契約に時間がかかることで、顧客へのサービスや商品の提供も遅れてしまう。

 人事労務ソフトのクラウドサービスを提供するSmartHRは、電子署名とペーパーレスの仕組みを導入することにより、これらの課題を解決し、営業工数の大幅な削減に成功した。さらに、既存のSalesforceと連携させることで、属人化していた営業プロセスの多くを自動化できた。

 本資料では、SmartHRが導入した電子署名・ペーパーレスソリューションの概要と導入効果について説明する。電子署名システムの導入に当たっては、顧客企業の理解を得られるかという懸念もあったが、結果的にはほとんどの企業が承諾した。抵抗があった一部の企業も、締結の流れを示すマニュアルを提供することでスムーズに移行できているという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。