資料の紹介

 デジタル経営変革の一環として、調達活動の変革に取り組む企業が増えている。調達活動を効率化してコストを削減するだけでなく、戦略的に位置づけることで、生産性を向上させ、収益体質を強化するのが狙いだ。

 総合日用品メーカーのライオンは、2018年から2020年までの中期経営計画の基本戦略の一つとして「事業構造改革による経営基盤の強化」を掲げ、その実現に向けて調達イノベーションを推進している。主な取り組みは、生産・販売・在庫の見える化における精度向上、および無駄を排して災害時にも対応できるよう物流拠点を整備することだ。

 本資料では、ライオンが推進する調達イノベーションにおける課題と取り組み、およびSCM(サプライチェーン管理)におけるテクノロジー活用の最新動向を紹介する。最近では、人工知能(AI)を活用したレコメンデーション機能を調達クラウドに組み込み、購買削減の余地がないかどうかを自動で提案する仕組みも登場している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。