資料の紹介

 身代金を要求するランサムウエアの脅威が増している。例えば暗号化型ランサムウエア「CERBER」の亜種は、自身の亜種を15秒ごとに新たなハッシュ値で生成する機能を備えるという。進化を続けるマルウエアに対して、従来の検出方法のみでは有効な対策が難しくなっているのが現状だ。

 そこで注目を集めるのが機械学習による検知技術である。そのアルゴリズムは、過去から蓄積されたマルウエアやファイルベースの脅威情報をもとにして新たなマルウエアを適切に推測する。サイバーセキュリティの世界において、脅威の変化に対応する有用なソリューションとして欠かせない存在となっている。

 本資料は、機械学習がサイバーセキュリティにもたらす効果を詳細に解説したホワイトペーパーだ。近年のセキュリティ活用事例を示しながら、ビッグデータがあふれる今後のスマート社会における機械学習の重要性を説く。そのうえで機械学習のアプローチは「特効薬」ではなく、他技術との併用による多層防御こそが最も望ましいと結ぶ。複雑化する一方のサイバーセキュリティに頭を悩ませる情報部門の担当者には一読を勧めたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。