資料の紹介

 「働き方改革」が進む昨今、企業におけるクラウドサービスの導入が加速している。複数のクラウドを利用することで、オフィスに縛られず作業が可能となるが、その一方で、情報システム部の許可なくクラウドを導入することで生じるリスク「シャドーIT」やその先にある、企業が把握できない「シャドーデータ」といった課題が発生している。

 これらを解決するのがCASB(Cloud Access Security Broker)である。クラウドサービス間に単一のコントロールポイントを設けてクラウドサービスの利用を把握・制御・保護するというものだ。しかし、完ぺきとは言い難い部分もあり、製品によっては、機密情報が正しく認識されず、認識できないサービスへのアクセスが制御できないといった事態が生じ、それらの精査と登録の作業が負担となるなどの運用上の課題も残る。

 本資料では、単一ポリシーに基づくプラットフォーム上でセキュリティ対策の一元管理を可能とするCASB製品を紹介。CASB導入で投資効果と運用負荷の最小化を目指すための要点を示す。とくにオーケストレーション(機能連携)とオートメーション(運用の自動化)をキーワードとし、今後3年後に求められるセキュリティ対策を描くための具体的なステップを解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。