資料の紹介

 今日の企業は、競争力強化や業務効率向上といったビジネス上の課題を、デジタル技術で解決することを求められている。例えば、さまざまな部門の従業員が、必要な情報をすぐに使えるデジタルワークプレイスは業務効率を高めるし、取引先ポータルや、顧客向けのセルフサービスポータルの充実は、取引先や顧客との関係を深め、競争力の強化につながる。

 このような業界ごとに違ってくるニーズをくみ取り、解決する仕組みを作るには、モバイル対応や優れた操作性、高性能の検索エンジン、既存の社内システムとの連携など、様々な技術要素が必要になる。さらに重要なのは、複数の機能やサービスを、統一感のあるデザインや操作性でストレスなく利用できるようにすることである。これが実現できないと、せっかくの機能が使われず、効果も期待できない。

 本資料では、コーチ(COACH)のデジタルワークプレイス「CoachWeb」、フォルクスワーゲンの取引先ポータル、米スパイアのセルフサービス型顧客ポータルなど、業界が異なる7社によるニーズ密着型システム作りの取り組みを提示。各社の課題と、その解決にDXP(デジタルエクスペリエンス・プラットフォーム)がどのように活用されているかを紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。