資料の紹介

 いまや、企業システムにおいて、Webアプリケーションは欠かせない存在だ。従来はデスクトップアプリケーションのみが可能だった分野にも進出し、そのカバー領域を拡大している。

 ただし、Webアプリケーションにも課題はある。たとえば、WebブラウザーとWebサーバー、データベースを連携させるため、どうしても反応が遅くなる。また、Windows、macOS、iOS、Androidなどの複数のOS、パソコン、タブレット、スマートフォンなどの多様な画面サイズ、複数のブラウザーソフトもサポートしなければならない。さらに、Webアプリケーションを構成する技術要素が個別に進化するため、時間の経過とともにバージョンの不整合や不統一も発生しがちだ。

 こうした課題を解決し、先進的なWebアプリケーションを効率的に開発するには「Webアプリケーション構築フレームワーク」がカギを握る。本資料では、Webアプリケーションが抱える5つの課題を整理し、その解決のため、Fortune 100の60%を含む1万社以上の企業が活用しているという「Webアプリケーション構築フレームワーク」を解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。