資料の紹介

 データ活用の問題点の1つ目は、フォーマットが統一されていない点にある。例えば、データを現場からメールでテキストデータとして送っている場合、データ管理部門がExcelに転写して集計しなければならない。さらに、集計したデータをExcelでバケツリレーするため、多くの時間と労力を費やすことになる。

 2つ目の問題点は、データをやり取りするのにデータ管理部門を仲介するため、現場の担当者やデータ分析者が社内データに直接アクセスする仕組みがない点にある。そのため、タイムリーに分析できないことがある。

 これらの問題を解決するためには、フォーマットを統一して、データベースに登録するシステムが有効だ。テンプレートにデータを入力し、そのファイルをシステムにアップロードするとデータベースに登録されるようにすれば、データ入力の無駄が省け、集計も自動化できる。そして、現場の担当者がデータにリアルタイムにアクセスして、分析できるようになる。本資料はその方法について詳しく解説したものである。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。