資料の紹介

 企業の多くはこれまで、リスクを避けるため、新しいアプリケーションや、特定部署のアプリケーションなどに限定してクラウドを採用してきた。しかし、オンプレミスで稼働する基幹業務アプリケーションについても、アップデート対応や、セキュリティを確保しながら維持・管理するための膨大なコストを考え、クラウドへの移行を検討する企業が増えている。

 基幹業務アプリケーションをクラウドに移行する際には、クラウドアーキテクチャの種類、それらがアプリケーションの機能や性能に与える影響などを理解しておくことが重要だ。オンプレミスのアーキテクチャをクラウド上にそのまま再現しようとする企業もあるが、それでは既存システムが抱えている可用性、拡張性、性能の課題をそのまま引き継ぐことになる。

 本資料では、基幹業務のクラウド化を成功させるためのポイントについて、移行のためのチェックリストを提示しながら解説する。既存システムへの投資を無駄にしないとして、クラウド移行の選択肢によく挙がるハイブリッドアーキテクチャについて、2つの大きなデメリットがあるため注意が必要と指摘している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。