資料の紹介

 企業のWindows 10への移行が進むなか、「更新管理」はシステム管理者を悩ませている課題の一つである。従来のWindowsのように年単位の大型アップデートがなくなり、毎月更新される品質更新プログラム(QU)と半年に1回提供される機能更新プログラム(FU:Feature Updates)、いわゆる大型アップデートに対応することになっている。

 更新プログラムを集中管理するために、WSUS(Windows Server Update Services)を導入するという手段がある。これはUpdateサーバーをローカルに設置し、クライアントPCの更新プログラムを一括管理するというものだ。配信計画が効率的に立てられ、更新状況の確認が容易になる。しかし、サーバー調達やメンテナンスなどの問題で導入できない、WSUSを導入したもののうまく運用・活用できていないというケースもある。そうした状況で機能するのが「IT資産管理ソフト」である。

 本資料では、Windows 10更新管理に関する基礎知識やWSUSについての利点などを解説。WSUSの有無に関わらず、あらゆる環境においてWindows 10の更新管理を効率化できる「IT資産管理ソフト」について紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。