資料の紹介

 これまで企業は、さまざま手段でデータを分析し、競争力につながるインサイトを得ようと努力してきた。その呼び方はさまざまだが、近年では「BI(ビジネスインテリジェンス)」と呼ぶのが一般的だ。

 ただし、初期のBIは分析に時間がかかり、かつ高度なスキルを持つ一部のスペシャリストだけが実行できた。このため、ビジネスに役立つ情報をタイムリーに得ることは難しかった。これが第2世代では、直感的なユーザーインタフェースを持ち、高度なスキルを必要としないBIが登場し、より多くのデータを、より多くのユーザーが分析できるようになった。しかしそれでも、企業内にはBIを活用できる社員とそうでない社員が混在しているのが現実だ。

 そこで注目されているのが、第3世代のBIだ。この最新のBIを活用すると、ユーザーのスキルに依存することなく、誰もがデータから価値のある情報を引き出せるという。それを支えるのが、AIと人間の直観を融合した「拡張知能」と「連想インデクシング技術」だという。本資料では、第3世代のBIを支える最新技術と、それによって実現される「データの民主化」を解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。