資料の紹介

 デジタル時代を迎えて、企業を取り巻くデータは膨大な量になっている。こうしたビッグデータを分析してマーケティングや経営判断に生かしたいが、何から手をつけてよいか分からない、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入したものの、思ったように使えていない、といった企業は少なくない。

 本格的なデータ活用に取り組もうとする企業の多くが直面するのが、分析基盤をいかに構築するか、社内に散在しているデータをどのように一元化するか、データ分析作業をどうすれば効率化できるか、といった課題である。これらの課題を解決するには、ビッグデータ分析に関する習熟した技術と豊富な経験が必要になる。

 本資料では、日本たばこ産業(JT)やリクルートライフスタイル、本田技研工業、ソフトバンクなど9社の取り組みを介して、データの分析・活用における課題と解決方法を解説する。さらに、AWS採用で初期コストを抑え、柔軟な拡張を可能にしたデータ分析環境のワンストップ導入サービスと、操作方法の習得が容易なセルフサービス型データ統合分析プラットフォームを紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。