資料の紹介

 現在、VPNはさまざまな場所から社内リソースに安全にアクセスする手段として、多くの企業で活用されている。ただし、通信環境が遅く不安定だと、十分なパフォーマンスを発揮することはできない。本資料では、既存の通信環境はそのままで、高速かつ安定的な接続を可能にする新しいVPN技術について、その活用事例を多数掲載している。

 たとえば、本技術を利用すると、低速な通信環境でもVDIやWeb会議をスムーズに活用できるようになる。また、移動中でも接続が切れなくなるため通信が安定化し、海外拠点からのアクセスはもちろん、トンネル内や僻地で作業するフィールドエンジニア、訪問診療などにも活用できる。さらに、本技術を使うと、モバイルの通信状況やパフォーマンスを可視化できるため、在宅勤務の労務管理も容易になる。

 VPNはモバイル環境を支える重要な要素にもかかわらず、意外と見落とされがちだ。既存の通信環境を活かしつつ、速度・安定性を向上させ、ユーザー行動の可視化もできる最新のVPN技術の可能性を、本資料でぜひ確認してほしい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。