資料の紹介

 人工知能(AI)と機械学習の進歩をはじめ、企業のクラウド導入の進展、スマートデバイスやスマートホーム、スマートファクトリーの普及、次世代モバイル通信「5G」の台頭など、IT技術の進化は留まるところを知らない。この目まぐるしく変化する状況はまた、サイバー攻撃のリスクと背中合わせになっている。

 2019年、デジタル情報を巡る不正活動は、これまで以上に広範囲に及び、深刻な被害をもたらすだろう。特に、人をだます「ソーシャルエンジニアリング」手法が顕著になり、窃取された個人情報を悪用した詐欺行為が増加するほか、サイバープロパガンダやフェイクニュースが国家の運命を左右する状況も懸念される。

 本資料では、テクノロジーの最新状況、利用者や市場の動向、脅威概況を考慮した複数のセキュリティ専門家の分析や知見に基づいて、2019年のセキュリティ脅威を予測する。個人や企業、社会、産業システム、クラウドなど、影響を受ける可能性が高い領域ごとに解説し、最後に、予測される脅威に対してどのような対策を準備すべきかを述べる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。