資料の紹介

 企業が今後にわたって成功を収めるためには、データからの価値抽出を中核に据えたデジタルトランスフォーメーションの実践が不可欠だ。大量のデータから有益な情報を引き出すことで、新規顧客の獲得や新製品の開発、効率的で効果的なビジネス展開や新たなビジネスモデルの創出が可能になるからだ。

 こうした情報をどこからでも適切なタイミングで引き出すことができれば、効果を最大化できる。今後、企業のハイブリッドクラウドへの移行が進めば、オンプレミス、クラウドを問わず自在にデータを取り出せる仕組みが必要になる。しかし、従来のストレージの多くは個々の環境とジョブがひも付いていた時代の設計であり、この要求に対応できない。

 本資料では、上記の問題に関して既存のストレージが抱える3つの欠点を整理したうえで、これらを克服する手段のとして「インテリジェントストレージ」を提案する。機械学習、ハイブリッドクラウド環境全体にわたる相互運用性、従量制課金といった仕組みを装備することで、どこからでもデータを引き出せる環境を実現、デジタルトランスフォーメーションを大きく推進できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。