資料の紹介

 ビジネスに必要なデータの性質や処理方法は今、急激な変化の最中にある。エッジコンピューティング、クラウドのさらなる普及、新たな分析技術の登場により、データセンターにはいまだかつてない量と性質のデータが押し寄せており、IT部門は新たな課題や技術を理解し対応することに日々苦心している。

 難解さを増すデータセンターの課題を解決し、データの価値を引き出していくために重要なのが、よりインテリジェントで環境への適応性の高いストレージシステムである。高度な分析や機械学習により、データ管理を自律的に最適化する機能を備え、クラウドでもオンプレミスでも場所を問わずにデータを利用できることが必要だ。

 本資料では、こうした特徴を備えた“賢い”ストレージシステムの技術要件を詳しく解説したうえで、具体例として、環境から学習し動的に動作を調整することで、より合理的なデータ配置を可能にし、将来のニーズや潜在的な障害を予測できるというストレージシステムを紹介する。信頼性向上とともに、運用の複雑さやコストを低減できるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。