資料の紹介

 ビジネスのデジタル化は、もはや避けられない流れだ。競合に先んじてデジタル化を実現した企業は、より優位にビジネスを展開できるだろう。そのカギを握るのがペーパーレス化だ。紙をなくしてコストを削減し、プロセスをスピードアップすることは、ビジネスのデジタル化に欠かせない。

 ただし、ペーパーレス化が求められる理由はそれだけではない。たとえば、83%の消費者は、デジタルで契約したり物を購入したいと考えている。また、消費者の86%が紙を時代遅れだと考え、その理由に「スピード」と「安全性」を挙げている。つまり、ビジネスを紙に頼っている企業は、消費者から「時代遅れ」で「信頼できない」企業と認識される可能性が高いのである。

 本資料は、日本市場におけるデジタル化とペーパーレスに関する意識調査レポートだ。調査対象は一般消費者1000人、日本企業の法務や人事、営業、IT部門などに勤務する約200人の管理職(経営層)である。本調査の結果を見れば、企業が生き残るために「ぺーパーレス化」が不可避だと納得できるだろう。ペーパーレス化を推進する裏付けデータとしても、説得力のある資料となっている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。