資料の紹介

 「ペーパーレス」は、企業にさまざまなメリットをもたらす。用紙代や紙の管理が不要になるのでコストを削減できるのはもちろん、書類作成の手間や紙文書の送付も不要になるのでビジネスの迅速化にもつながる。さらに、検索性が高まり、データの再利用も容易になる。まさに、企業にとって"いいことずくめ"だが、日本企業のペーパーレス化は、まだ十分とはいえない。

 では、ペーパーレスが進んでいる欧米の先進企業はどうなのだろうか。本資料は、その最新情報をまとめた貴重な事例集だ。たとえば、米携帯通信大手のT-Mobileは、6億枚の紙を削減した。また、マイクロソフトは、ペーパーレスにより年間750万ドル(約8.3億円)削減できると発表した。

 本資料では、こうした企業の事例が具体的な数値とともに解説されている。さらに、ペーパーレスにより環境に優しい経営を実現し、顧客満足度と従業員の生産性向上につなげた先進的な企業の事例も解説されている。たんなるコスト削減にとどまらない、これからの企業に求められるペーパーレスの在り方を示す資料だ。ぜひ目を通して、今後のペーパーレス化の取り組みに役立てたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。