資料の紹介

 いまや、企業のビジネスにはネットワークが欠かせない。特に複数の拠点を結んで情報を共有したり、データセンターやパブリッククラウドにアクセスしたりする際には、ネットワーク環境の整備が不可欠だ。最も安全で高速なのは専用線だが、コストが高いのが難点。そこで活用されるのがVPNだ。専用線より低コストで安全なネットワークを実現できることから、VPNは多くの企業で導入・活用されている。

 ただし、課題もある。最大の課題は、インターネット網を利用するため通信速度が安定しないことだ。このため、リアルタイム性が求められるテレビ会議やパフォーマンスが重視されるデスクトップ仮想化などのシステムには向いていないと考えられてきた。

 しかし、技術の進歩により、こうした課題は解決されつつある。たとえば、一定の帯域を優先的に確保する技術により、インターネット網でも通信品質を安定させることは可能なのだ。本資料では、高速・高品質な通信とセキュリティを両立し、1契約で最大1000拠点まで収容できる最新のVPNサービスを解説している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。