資料の紹介

 企業では多くのITシステムが動いている。特に歴史のある企業の場合、COBOLやRPG、CLなどの古い言語で開発されたシステムが、ビジネスを支えていることも珍しくない。例えば、導入実績の多いIBM i(AS/400)などは、いまだに現役であることが多い。そして、今、こうしたシステムを開発したエンジニアの高齢化、減少が問題となっている。特に設計書がないまま開発担当者が退職してしまうと、システムの状態が分からなくなり、トラブル対応やシステム変更に多大な労力とコストがかかってしまう。

 そこで必要になるのが設計書だ。システムの設計書があれば、若手エンジニアでも対応できる。また、設計書に基づいて新しいシステムに移行することもできる。ところが現実には、設計書がなかったり、不備があったりするケースが少なくない。こうした背景から、現在、設計書の整備を急ぐ企業が増えている。ただし、それを人手で行うと時間・手間もかかる。そこで注目されているのが、システムから設計書を自動作成する方法だ。

 本資料は、IBM i(AS/400)上の業務向けシステム向けに開発された、設計書を自動で作成するソフトについて解説したものだ。設計書の自動作成について、その精度やコスト、具体的な使用方法を説明している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。