資料の紹介

 日本国内の企業の多くが現在、未曽有の人材不足や若年層の営業離れといった問題に直面している。コスト削減を迫られて、人を雇いたくても雇えない企業も多い。そうした中、営業部門において、少ない人員でいかに効率的に成果を出すかという課題を解決する手段として期待されているのがインサイドセールスとRPA(ロボットによる業務自動化)だ。

 Webの進化や多様なツールの登場を背景に、オフィスにいながらにして商材を売り込むインサイドセールスの手法を、日本でも多くの企業がBtoB、BtoCを問わず導入し始めている。移動時間をはじめ、交通費や出張費が削減できるので、多くの見込み客にアプローチ可能になり、1日当たりの商談数も大幅に増やせるからだ。一方で、他部門との調整や営業組織への定着、オペレーションの改善など導入に課題を抱える企業も多い。

 本資料では、インサイドセールスの最新手法について解説し、導入効果を早期に高めるためのRPAツールを紹介する。企業のホームページから問い合わせフォームを検出し、自動入力することでアポイントメント獲得にかかる作業を削減したり、営業の訪問件数や反応率、商談率を可視化して営業部門のPDCAを高速化したりできるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。