資料の紹介

 複数の拠点間でリモートアクセスを実現する手段として、広く普及しているVPN(仮想プライベートネットワーク)。VPNを使えば、インターネット回線にVPN装置をつなぐだけで、専用線と同じ環境が安く手に入るだけでなく、自宅や出先から社内LANへのアクセスなど、専用線では対応しきれない用途にも有効だからだ。

 しかし、企業のネットワーク環境が複雑になり、従業員のワークスタイルも多様化した現在、増大するサイバー攻撃の脅威に対して、VPNの脆弱性の問題が顕著になっている。加えて、VPNは管理やパフォーマンスの面からも効率的とは言えず、システム部門がVPNを保守・運用するための負荷は増大している。

 本資料では、VPNの廃止による4つのメリットを提示したうえで、シンプルさとコスト効果の高さを謳うVPNの代替ソリューションを紹介する。モバイル環境や自宅などリモート環境で仕事をする従業員は世界中で増えており、必要なアプリケーションに限って、どこからでも簡単・安全にアクセスできる手段がかつてなく重要になっている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。