資料の紹介

 企業によるインターネット利用はますます進み、クラウドアプリケーションやモバイルアプリケーションへのアクセスニーズも拡大している。これに伴い、サイバー攻撃者が標的とするコンピューターやネットワーク機器は、従来のWebの枠組みを超えて広がっており、コンプライアンス上の大きな課題となっている。

 こうしたなか、ますます巧妙になるサイバー攻撃の脅威からユーザーや機密データを守るために欠かせないのが、多層型の防御アプローチである。しかし、多層型アプローチでネットワークとデバイスを保護するには、ネットワークトラフィック全体の可視化と、すべてのネットワーク層の管理機能が必須になる。

 そこで本資料では、クラウド型で短期導入でき、トラフィックの包括的な可視化を可能にするサービスを紹介する。すべてのポートとプロトコルでトラフィックを可視化し、セキュリティポリシーを制御することで、ユーザーがどこで仕事をしていても、利便性を損なうことなく守れるようになる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。