資料の紹介

 国を挙げての働き方改革の推進もあり、場所に縛られない柔軟な働き方が広がりつつある。すでに、社外や自宅などからOffice 365などのクラウドサービスを活用したり、リモートから企業ネットワークにアクセスして業務システムを利用したりできる企業も少なくない。

 一方でインターネットに直接アクセスするとセキュリティのリスクが高くなる。そこで注目されているのが、クラウド型のセキュリティサービスだ。インターネットへのアクセスをクラウドのゲートウェイ経由にすることで、URLフィルタリングなどの多様なセキュリティ機能の提供、複数端末へのセキュリティポリシーの適用などを実現できる。

 しかし、こういった機能を実現するには、拠点や端末によって接続するネットワークを切り替えたり、ネットワーク設定を変更したりする面倒な作業が必要になる。そこで期待されているのが、WANの設定をソフトウェアで制御するSD-WAN技術だ。SD-WANを活用すれば、複雑なネットワーク設定を自動化したり、ネットワークを自動的に選択してパフォーマンスを最適化したり、できるからだ。本資料では、クラウド型セキュリティサービスとSD-WANを組み合わせるメリットを、わかりやすく解説している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。