資料の紹介

 AI(人工知能)技術のビジネス活用が進んでいる。特に、AIが得意とする画像認識の分野では、人間の目視に頼っていた製品の外観検査に導入し、AIで一次検査をすることで手の空いた工員を再配置したり、検査から属人性を排除して均一で精度の高い判定を可能にしたりするなどの成果をあげている企業もある。

 しかし一般の企業にとって、AIの導入はハードルが高くなりがちだ。現在のAIの主流である深層学習では、学習用データを用いてシステムを訓練するため、有効なAIシステムを開発するには質の高い学習用データを大量に用意しなければならない。加えて、学習の過程で大量の計算を実行するために、高性能なハードウエアも必要になる。

 本資料では、AIを試したいという企業のニーズに応えた「トライアルサービス」と、「外観検査・異物混入向けAIソリューション」を紹介する。AIに最適な撮影環境の設計から、画像撮影と学習用データ作成の代行、アルゴリズム実装の支援、カスタマイズ開発まで対応し、ワンストップで顧客企業の課題を解決するという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。