資料の紹介

 小回りがきいて手軽に利用できるExcelは、多くのビジネスの現場で使われている。しかし、その便利さが、基幹システムの導入を妨げる場合がある。例えば、生産管理システムなどの基幹システムを導入しても、現場では製造指示書や作業日報などの入力、在庫管理や品質管理などにExcelが使われているケースは少なくない。これでは、Excelからデータを抽出して基幹システムへの再入力が必要になるなど、多くのムダが発生し、生産性が著しく低下してしまう。

 こうした問題が発生する原因は、基幹システム側が、Excelで作成した複雑な入力画面に対応できないからだ。しかも、カスタマイズするには多額のコストがかかってしまう。また、新しいユーザーインタフェースへの抵抗感や、Excelで蓄積した既存データを使いたいというユーザー側の心理もある。

 この問題を解決する唯一かつ効果的な方法は、Excelの入力画面をまったく変えることなくシステムを移行し、既存データと連携する仕組みを構築することだ。本資料は、その具体的な実行方法を解説している。基幹システムを導入したのに、現場でExcelが使われ続けている企業は、ぜひ参考にしてほしい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。