資料の紹介

 全国の学校で急速に広がるIT活用教育。公立学校については毎年、国がその実態を調査・公表しているが、私立学校については同様の取り組みがなく、教育現場におけるIT活用教育の進展度が見えにくい。

 そこで、日経BP社はこのほど、首都圏・関西圏の私立中学校・高等学校を対象に、IT活用に関する独自の実態調査を実施した。生徒全員が1台ずつパソコンやタブレットなどを持って学習する「必携化」は公立学校に比べ大きく進んでいる一方、大きく遅れている点も明らかになった。

 本資料は、同調査の詳細な結果を掲載した解説記事である。今回の調査で、ネットワークや電子黒板などIT環境の整備や費用負担の状況、情報セキュリティに関するポリシーや体制、校務システム整備などの現状も明らかになった。私立中学校・高等学校のIT活用を進めるうえで参考になりそうだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。