資料の紹介

 2020年1月14日に、Windows 7の延長サポートが終了し、セキュリティ更新プログラムの提供なども受けられなくなる。現在Windows 7を使っている企業は、サポート終了間際になって慌てないために、2019年内にはWindows 10へと移行しておく必要がありそうだ。

 Windows 10への移行で特に深刻な問題となるのが、既存のアプリケーションが正しく動作しなくなる場合だ。特に、メインフレームやオフコンの端末エミュレータが、Windows 10のメジャーアップデートで突然動かなくなったりしたら、業務に多大な影響が及ぶことは必至だ。

 本資料では、Windows 10への移行を機に、端末エミュレータの更改を検討する企業向けに、最新OS対応の端末エミュレータ製品群の機能や特徴、稼働環境などを分かりやすく図解する。メインフレーマ各社(日本IBM、日立製作所、富士通)純正の端末エミュレータとの高い互換性を謳うほか、運用形態に応じて、スタンドアローン型、統合管理型、仮想化運用型を用意している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。