資料の紹介

 今や企業活動に欠かせないOfficeアプリ。ライセンスのサポート切れを機に、Officeアプリとファイル共有、コラボレーションツールなどを統合したSaaS型クラウドサービス「Microsoft Office 365」の導入率も年々高まっており、企業規模の大小を問わず“クラウドの入口”として機能するようになってきた。

 ここで本来であればクラウド環境に適したセキュリティ対策が必要になるのだが、使用感が変わらないため守る意識が希薄になってしまう。しかし、依然としてメールは攻撃対象の第1位であり、Office 365内の40%以上にも及ぶ重要データがファイル共有によって流出しているとの調査報告もある。しかるべき対策を実施しなければ、重大なインシデントにつながる恐れは大きい。

 本資料では、Office 365のメール、アプリ、アカウント、トランザクションをエンドツーエンドで保護する統合セキュリティソリューションを紹介。膨大なセキュリティの知見に裏打ちされた多層型防御やDLP(Data Loss Prevention、情報漏えい防止)を駆使して、社内外のやり取りからもたらされる脅威の危険を未然に防ぐとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。