資料の紹介

 一人の人間が複数の業務をマルチタスク。その業務の効率化と生産性を高めるのが、コンピューター、デバイス、周辺機器、ソフトウェア、ソリューションから成るエコシステムだ。

 例えば最新のテクノロジーでは、ユーザーが使用中のアプリケーションの状況に応じて、ハードウエアが最も効率の高い動作を自動的に選択する。ユーザーが長いドキュメントを読んでいる場合はPCのディスプレイ設定を変更してドキュメントを読みやすくし、ユーザーが動画編集を始めたら、プロセッサーへの負荷が大きい場合の設定へ変更する。周辺機器の利用によっても生産性を向上させることができる。セカンドモニターがあれば生産性を最大30%高められるという調査がある。ごく普通のヘッドセットを導入しただけでも生産性が43%向上する可能性があるという。

 本資料では、「マルチタスキング2.0」がどのようにオフィス環境を改善し、従業員の健康リスクの軽減と生産性の向上が図れるかを解説し、適切なハードウエアや周辺機器を導入することで「マルチタスキング2.0」を実現する方法についても紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。