資料の紹介

 急速なデジタル化が進む今、製造業は、わずか数年前には想像もできなかった課題に直面している。新たな競争相手、新たなエコシステム、さらに新たなビジネスの進め方などによって、あらゆるところで急激な変化が起きている。この課題を解決できるかどうかは、最新の情報技術を十分に活用することができるかどうかにかかっている。

 顧客向けにカスタマイズした製品を短期間で提供するためには、クラウド技術の活用が不可欠になる。加えて、IoT、AI、自動化技術への取り組みもメーカーとして必須になる。これらはパズルのピースのように互いに連携して機能するものであり、バラバラに取り組むのでは、その効果を確認しづらい。

 本資料では、製造業が競争力を高め、イノベーションを推進しつつ、コスト削減を図るために必要な最新ITの活用戦略についてまとめた。クラウド、IoT、AI、自動化の各技術を取り上げ、製造業におけるユースケースと課題、取り組み方を提示したうえで、これらの実現を助けるハイブリッドIT環境を紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。