資料の紹介

 新入社員教育、営業担当者への商品教育……。人手不足の中、今いる人材の能力を引き出す社員研修制度は、企業の成長に欠かせない。しかし、通常業務の合間に研修の時間を確保するのは容易ではない。さらに、事業所が複数あったり、シフト勤務の職場があったりと、研修の効率的な実施には課題が山積みだ。

 大阪市にある情報通信機器の総合商社アイテムは、社内研修の効率的な実施方法に悩んできた。従来は全国10拠点で約1500人を対象に年間400回の研修を実施。受講者の管理と研修後のテストの採点は担当者が手作業で行っていた。この負担の大きい状況を解消し、より効果的な研修を実現するために、アイテムはITを活用した新たな仕組みの導入に踏み切った。

 本資料では、同社が導入した社内研修用プラットフォームの特徴のほか、同社における活用の工夫や成果について紹介する。導入後、同社では、全国での研修実施が格段に容易になり、受講者管理も楽に行えるようになっただけでなく、学習効果も高まったという。研修効果アップと効率化を両立するIT活用のヒントになりそうだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。