資料の紹介

 IoTやAIなどの技術革新が進み、ビッグデータを活用した分析や予測が当たり前になってきた昨今、データの活用がビジネスの勝敗を大きく左右する。その一方で、システムには恒常的に大きな負荷がかかっており、現場からは「もっと高性能のサーバーを使いたい」という声が上がっている。

 サーバーの性能を最大限引き出すためには、物理サーバーを仮想化OSなどのない状態で使い、ディスクI/OやCPU性能、最新のCPU機能といったハードウエアの力を使い切ることが必要とされる。こうしたハードウエアのネイティブな性能を引き出すのが、高性能ベアメタルサーバーである。

 本資料ではその具体例として、多くの企業でハイブリッドクラウド環境の導入を手がけてきたSI企業が提供するベアメタルサーバーのサービスを紹介する。高い処理性能と安定性が求められるデータベースサーバーやファイルサーバーに使われることが多いため、高速SSDと最新プロセッサを搭載し、性能と安定性、耐久性を高めている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。