資料の紹介

 保険金不正は保険会社にとっても、また、こうした犯罪に起因するコストを保険料の上昇という形で負担しなければならない契約者にとっても、重大な問題であり続けている。ある企業の調査によると、調査対象となった保険会社の半数以上が、「自社に対する不正が過去3年間で増加した」と回答したという。

 保険金請求や引き受け、その他の領域でも増え続けている不正への対策として、多くの保険会社が、不正検知テクノロジーの活用に踏み切ったり、活用範囲の拡大に取り組んだりしている。近年は特に、保険会社の経営層の間でデータ分析技術に関する関心と意識がますます高まってきている。

 本資料は、不正請求から引き受け・申し込みの不正まで、保険金不正対策における最新テクノロジーの活用実態と導入効果、今後の課題をまとめた調査レポートである。ツール、人員配置、トレーニング、テクノロジーを適切に組み合わせて活用する保険会社だけが、請求対応コストの削減や的確な価格設定、競争優位性を将来に亘って実現できる、と結論づけている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。