資料の紹介

 損失額の誇張、盗まれた財産の価値の水増し、自動車事故を偽装した保険金請求、架空の病状による医療費請求…。これらは「被害者なき犯罪」だとの考えがビジネス界や消費者の間に蔓延している。しかし、実際には、保険会社の損失の埋め合わせは保険料に転嫁されており、契約者全員が不正の被害者になっている。

 保険会社は対策として専門の調査部門を設置し、不正を検知するためのITツールを導入して対応しているが、問題は拡大し続けている。主な理由として、多くの保険会社がルールベースのシステムに依存していること、そして、個別に管理された複数のデータ管理システムを使っているために、大局的な知見を得るのが難しいことが挙げられる。

 本資料では、上記の課題の解決に向けて、高度なデータ分析に基づく不正検知システムの導入プロセスやメリットを、事例を交えて解説する。米国の損害保険会社では、新たな分析システムの導入により、担当者に対し従来よりも格段に速くアラートを出せるようになったことに加え、その内容も、具体的なアクションに直結する洞察を多く含むものに改善されたという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。