資料の紹介

 その企業ならではの顧客体験を、顧客との接点のすべてでリアルタイムに提供する――。企業が競合他社との差別化を図るうえで、最も有力な方法の一つである。これを実現するためには、データ分析で得られた知見や洞察を活用し、顧客体験に関わるすべてのプロセスを顧客の目線で見直すことが必要だ。

 AIやIoTなどの技術が大きく進歩した現在、企業は驚くほどのスピードと精密さでデータを分析できるようになった。しかし、これを、リアルタイムな顧客体験の実現に活かすには、最新の技術によってより堅牢でアジャイルなデータ分析インフラを構築する必要がある。

 本資料は、ハーバードビジネスレビューが560人のビジネスリーダーに対して実施した、リアルタイム顧客分析に関するアンケートの結果を考察したものだ。回答者の58%が、「リアルタイム顧客分析により、顧客維持率と顧客ロイヤルティが大きく上昇した」と回答、60%が「顧客体験を改善するためにリアルタイム顧客分析が非常に重要である」と答えている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。