資料の紹介

 データ分析は今、戦略的な意思決定を迅速かつ正確に行うために有用なツールとして、幅広い業務部門/事業部門に導入されつつある。そこで課題となるのが、使用するプログラミング言語も、スキルレベルもさまざまなユーザーのすべてに使ってもらえるデータ分析環境をどのように実現するかということだ。

 あらゆるビジネスでデータ分析への依存度が大きく高まっている現在、分析ツールの選定、調達、実装、管理は、企業競争力を大きく左右する問題となっている。オープンソースと商用ツールはもはや二者択一の選択肢ではなく、それぞれの利点を活かして併用することが導入成功のカギになることも少なくない。

 本資料では、オープンソースと商用ツールの併用でデータ分析の効果を最大化した、さまざまな業界の事例を紹介。さらにデータ分析に関わるすべての工程で両者が果たす役割分担について解説する。米国のある銀行では、複数の異なる分析ツールを一つのプラットフォーム製品で統制する仕組みにより成果をあげている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。