資料の紹介

 2018年はAIの導入事例が急速に増えた1年だった。社会システムからオフィスの業務改善に至るまで、実にさまざまな分野で導入の取り組みが報じられ、今やメディアにAIの文字が躍らぬ日はないほどだ。これは、AIがいよいよ実運用のフェーズに突入したことの裏付けでもある。

 しかし、現実のビジネス課題に対してAIがどのような効果をもたらすかは一朝一夕にはわからない。そして複雑なアルゴリズムとアナリティクス(分析)がセットになったソリューションだけに、これまでのテクノロジー以上にブラックボックスの部分が多い。こうした背景からAIに対して懐疑的になり、様子見をする企業も少なくはないだろう。

 本資料では、グローバルで活躍する幅広い業種の大企業経営幹部に「AIの導入効果」について聞いた。その結果、普及の初期段階と言える現時点でさえ約半数が成功と答え、将来的にもポジティブな結果を生むとしている。また、AIアナリティクスの重要性、倫理観との向き合い方、雇用喪失との関係性などについても言及。2018年現在、世界の企業が「AIをどう捉えているか」を知る貴重な調査資料となっている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。