資料の紹介

 情報システム部門にはユーザー部門から様々なシステム開発の要望が寄せられる。一つひとつを見れば、工数と時間をかければ比較的簡単に実現できるものも多いが、リソースが限られた中では優先順位を付けて取り組む必要がある。そのうえ、開発したシステムが運用段階に入った後、「ここは不要」「これが足りない」などとユーザー部門から指摘を受け、対応に追われることも少なくない。

 ユーザー部門の要望通りにシステムを開発したはずなのに、ムダや不足が生じてしまう場合、ユーザーとのコミュニケーション・ギャップが原因であることが多い。加えて、システムを開発している間に現場の事情が変わってしまったり、そもそもユーザー部門自身が必要な機能を明確に把握できていなかったり、ということもある。

 本資料では、システム部門がコミュニケーション・ギャップを解消しながら、無駄なく必要なものだけを開発するうえで有効とされる開発手法と、その効率的な実践を支援するソフトウエアを紹介する。導入事例として、初の国産ジェット旅客機「MRJ」の開発現場を支えるシステム群を構築した三菱航空機の取り組みを収録した。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。