資料の紹介

 急激に変化するビジネス環境に俊敏に対応するため、いまや多くの企業が「クラウドファースト戦略」をとっている。それはミッションクリティカルな基幹系システムでも同様だ。現実にこの戦略によって、以前は不可能だった新たな収益源の創出、顧客サービスの向上、劇的なコスト削減に成功する企業が、徐々に増えつつある。

 ただし、基幹系システムのクラウド化を成功させるなら、必ず実現すべきポイントが5つある。それは「投資回収までの時間短縮」「ビジネスの俊敏性の強化」「総所有コスト(TCO)の削減」「ガバナンスとコンプライアンスの強化」「インテリジェントなクラウドERP」の5つだ。たとえば「投資回収までの時間短縮」には、導入が容易でユーザーの教育コストがかからないことがポイントになる。あるいは「インテリジェントなクラウドERP」では、データ分析を通じて、経営判断に役立つインサイトが得られるどうかがカギになる。

 本資料では、以上5つのポイントについて、基幹系システムのクラウド化を解説している。「そろそろ基幹系のクラウド化を……」と考えているなら、必ず目を通しておきたい内容といえるだろう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。