資料の紹介

 企業システムのクラウド化は、もはや止められない流れだ。昨今では、オンプレミスが主流と考えられていたERPにおいてもクラウド型システムが登場し、オンプレミスを上回るペースで進化を遂げている。その結果、ERPのリプレースや新規導入において、クラウド型ERPの優位性を高く評価する企業が急速に増えてきた。

 たとえば、ユーザビリティもその1つだ。それは、ユーザーインタフェースやデザインが洗練されているというだけではない。データ入力や検索などにおけるシンプルな操作、AI的な支援機能によるマスターデータのマッチングや誤処理の削減、リアルタイムなデータ分析など、クラウド型ERPの方が高く評価されるケースが増えているのだ。

 本資料では、クラウド型ERPのメリットとその最新動向が整理されている。また、国内本社ではオンプレミス、海外拠点ではクラウドといったハイブリッドな運用手法、クラウド型ERPの導入にあたってユーザーに求められるマインドシフトなどにも触れられている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。