資料の紹介

 今や必須のビジネスインフラとなった無線LAN。ある調査によれば65%以上の企業が導入済みとされるが、現場で不満を抱える管理者、ユーザーも少なからずいる。例えば接続が不安定であること、電子機器との電波干渉が起きること、障害時の切り分けの煩雑であること、利用状況の可視化の難しさ、社用スマートデバイスやゲスト端末に対するセキュアな利用などが挙げられる。

 ネットワークの世界は急速に進化しているだけに、これらの課題解決に向けて無線LAN環境のリプレースを検討することは有効な手段となる。しかし、企業によって理想的な無線LAN環境は異なる。重視するのはセキュリティなのか、導入・運用コストなのか、回線速度なのか。リプレースにおいては、自社にとって必要なポイントを見極める提案依頼書(RFP)の作成が重要だが、要件の洗い出しに時間がかかるのも事実である。

 本資料では、無線LANリプレースにおけるRFP作成のヒントをまとめ、15項目におよぶ詳細な機能要件ガイドを示した。あわせて、「完全コントローラーレス」の第5世代無線LAN製品の特徴を解説し、今後のスマート化、クラウド化に円滑に対応できるソリューションとして紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。