資料の紹介

 現在、企業システムのクラウド化は大きいトレンドになっている。ただし、現在はまだ変化の途上であり、オンプレミス/プライベートクラウド/パブリッククラウドをどう組み合わせるのが最適なのか、どの企業もまだ正解を見いだしていないのが実態だ。

 本レポートは、こうした企業のクラウドへの取り組みを調査した貴重な資料だ。米国、ヨーロッパ/中東およびアフリカ、アジア/太平洋/日本の各地域の企業ごとにデータを収集・分析している。その結果を見ると、たとえば100%パブリッククラウドに突き進もうとする企業はごく少数であり、IT意思決定者、インフラエンジニア、開発者などそれぞれの立場によって、クラウドへの認識に違いがあるなど、興味深い事実が報告されている。

 また、同レポートではハイパーコンバージドインフラ(HCI)についても調査されている。収録されているのは、利用されているハイパーバイザーの種類や地域別のHCI導入状況など、他ではあまり見られない貴重なデータだ。企業の情報システム部門であれば、今後のITインフラ戦略を考えるうえで参考になる資料となっている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。