資料の紹介

 働き方改革の第一目的に、生産性の向上を掲げる企業は多い。もちろん生産性は向上しなければならないが、ビジネスの継続的な成長やイノベーションの創出も目指すのなら、社業への自発的な貢献意欲、すなわち「従業員エンゲージメント」がカギとなってくる。

 従業員エンゲージメントを喚起するには、従業員一人ひとりが日々の仕事をポジティブにとらえ、幸福感を得られるようなワークスタイルを確立することが必要だ。生産性の向上だけを重視した働き方改革をやみくもに実行しても、長期的な成果を得ることはできない。

 本資料では、「間違いだらけの働き方改革」に向けた7つの処方箋として、クラウドを有効活用した従業員エンゲージメント向上の具体策を解説。さらにその実践事例として、ラックス、ダヴ、クリア、リプトンなどの日用品・食品ブランドで知られるユニリーバ・ジャパンの取り組みも紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。