資料の紹介

 企業情報システムのクラウド化がますます進む現在、基幹業務システムなどミッションクリティカルなシステムについても、クラウドへの移行を図る企業が増えてきている。そこで問題になるのが、従来のオンプレミス環境と同等の可用性を、いかにしてクラウド上でも実現するかである。

 クラウド上でシステムを動かす際には、PaaSのマネージドサービスを前提として新規開発するアプローチもあるが、既存システムを最小限の手間でクラウドに移行したい場合には、IaaSの方が適している。ただしIaaSでは、仮想基盤の可用性はベンダーが保証するが、アプリケーションやミドルウエアの可用性はユーザー企業が確保しなければならない。

 本資料では、基幹系システムに求められる可用性をクラウド(IaaS)上で担保する方法について紹介している。IaaS上でクラスター構成をとることで、IaaSの標準機能で実現できる可用性を補完し、仮想マシンとミドルウエアまでを含めた障害検知やフェイルオーバー、ミドルウエアとアプリケーションのデータ同期を実現できる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。