資料の紹介

 コンプライアンスや法令遵守、監査への対応などから、企業はデータを長期保存する必要がある。また、冗長化や災害復旧のため、複数箇所へデータを保存する必要もある。データ保存の重要性は高まっているが、そのためにバックアップやストレージにかかるコストも増大しているのだ。

 さらに近年はクラウド上のサーバーにバックアップすることが増えているが、ネットワークの回線容量がボトルネックになることが多い。そしてデータ量の爆発的な増加で、クラウド側のストレージ容量が肥大化し、高額な費用がかかる場合もある。そういったリスクを回避するためには重複排除と圧縮でデータ量を抑えて、データ転送量とストレージ容量を節約することが必要だ。

 本資料は、データの重複排除と圧縮をソフトウエアで実現するシステムについて解説している。ソフトウエアで実現するため、オンプレミスのサーバーや仮想マシンやクラウド環境のいずれにも直接インストールでき、既存のバックアップシステムと連携が可能で、初期コストと運用コストを削減できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。